化粧品輸入代行利用におけるメリット|今大注目の業種の秘密

輸入代行サービスのメリット

メイク用品

現在化粧品は薬事法によって規制されています。そのため、化粧品を輸入する倍製造販売業などの許可が必要になります。何かと手間がかかってしまうのです。そこで「化粧品輸入代行」の出番です。化粧品輸入代行を依頼することで、スムーズかつ効率的な化粧品を仕入れられます。現在国内で製造業を営んでいる会社やネットショップ経営者、美容商社など、業種を問わず多くの会社がこの化粧品輸入代行を利用しています。化粧品の種類も特に制限されていないので、クレンジング、美容液、ハンドクリームやマスカラなど、様々なアイテムを輸入できます。化粧品の輸入作業をスムーズにこなしたい会社は、輸入を迅速かつ効率的よくやってくれる化粧品輸入代行を利用しましょう。

化粧品輸入代行サービスの流れは、8つの工程で進んでいきます。まず1つめの工程として、「事前準備」があります。ここでは代行業者に輸入を依頼する化粧品の用途、成分などを伝えます。代行会社側は、その化粧品が海外でどのような販売状況にあるか調べます。そして2つめの工程、「販売可否」に入ります。ここでは、代行会社が海外から輸入し日本で販売できるかどうかを調べます。また成分表の確認もここで行なわれます。そして3つめの工程「業務スタート」に入ります。基本的に業務は依頼側から入金が確認された後始められます。そこから先は期間を要する工程が続きます。「製品ラベルの確認」、「成分の安全性試験」、「ラベル印刷」、「ラベルの添付」、これらが4~7つめの工程にあたります。ラベルの添付までが済んだら、そこでやっと最後の工程「国内発送」に入ります。これが化粧品輸入代行の主なサービスの流れです。